カタヤマチエです。フリーランスでライターをやっています。はじめましての方は、自己紹介をごらんください。


by asagao-techo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

京都へ行ってきました

c0199627_11373736.jpg


ずーっと家にこもって原稿を書いていたら、いつの間にか10月になっていました。
プチ浦島太郎気分。今月、歳をとるからなおさら。

そんなこんなで、9月20日に行った京都旅行もだいぶ前に感じます。

去年も同じ時期に京都に行きました。目的は、くるり主催の京都音楽博覧会。
一緒に行ったあゆみさんと、2度目の旅です。
前日まで原稿に追われて30分しか寝てなくて、しかも家族は旅行中で家には私だけだったので、
朝起きれるか心配で。あゆみさんにモーニングメールをお願いして、なんとか寝坊は免れました。

1年ぶりの京都。お天気もよくてクラクラするほどでした。
今回のホテルは駅前だからラクラク。
荷物を預けて身軽になって、会場の梅小路公園へ向かいました。

会場へ行くと、すでにたくさんの人たちが!
テンションはますます上がります。
係りの人が「熱中病にはくれぐれも気をつけてください~」とアナウンスするほどの
気候だったので、水やらポカリやら、たくさん買い込んで。
ライブが始まるのは12時。会場にはたくさんの出店があって、どの店の何を食べるかで
迷う時間も至福のとき。
今年はタイ料理の屋台でピリ辛ごはん、あゆみさんは富士宮やきそばを食べました。

つづく
[PR]
# by asagao-techo | 2010-10-03 12:01 |

秋ですね

c0199627_1564179.jpg

仕事の電話、メール、原稿書き・・・と、今日は朝から忙しい。
そんな中、うれしいことがいくつかあった。

宅急便で旅行のチケットが届いた。連休中に、京都へ行くのだ。
いつもは友達が宿や新幹線を手配してくれていたけれど、今回は私が!
しかし連休ということもあって、新幹線+宿のパックツアーはすでに埋まっているところが多く、なかなか決まらない状況に、あきらめそうになりかけた。
「友達はいつも、こんな大変な思いをして手配してくれていたのか…」
恥ずかしながら、ありがたみがようやく分かった。

そんな思いをして取れたチケット。そしてその先に待っている旅行が、今、何よりの楽しみです。

もうひとつのうれしいことは、先日ごはん会をした方からいただいたメール。
とてもすがすがしい内容のメールだった。うん、うん、とうなずきながら読んだ。
人との出会い、思慮深い言葉。
この2つにいつも元気をもらい、励まされているような気がします。

**

土曜日は、自由が丘の「ほさかや」に連れて行ってもらいました。
うなぎの蒲焼や串焼きをつまみに、ビールや日本酒が進む、進む。
はじめてうなぎのカシラを食べました(串にうなぎの頭の蒲焼が、5,6個刺さっている)
それが、とってもおいしかった!
連れて行ってくれた人は、すきっ腹にお酒を入れてぐったり、
私はうなぎパワーで元気、というテンションの全く違う二人になってしまいましたが、
それはそれで、楽しかったです。

写真は、今関わっている野菜の本の撮影時に撮ったもの。
レンコンのおいしい季節がやってきます。
[PR]
# by asagao-techo | 2010-09-14 15:25 | 日々

大人のごはん会

c0199627_2394363.jpg

ちょっと前の猛暑のときのように、じっとりと汗をかくことも少なくなってきました。台風が去ってから、秋が近づいてきているのを感じます。
写真は、台風が来る前に山下公園で撮ったもの。絵の具で描いたような空。

先週のことですが、ごはん屋ヒバリさんでごはん会が開催されました。去年、天然生活で取材をさせていただいたtuzumidenimsさんが声をかけてくださったのです。ヒバリの最寄り駅はつつじヶ丘。なのに調布までノンストップの電車に乗ってしまい、私は大幅に遅刻をしてしまいました。静かな団地を急ぎ足で通り抜け、ヒバリさんの灯りが見えてきたときは心底ほっとしました。
席に着いて自己紹介をすると、オカズデザインの吉岡ご夫妻、カフェ勤務のナカジアヤさん、それにtuzumidenimsさんという豪華な顔ぶれ。ここに来るまでどなたがお見えになるのか知らなかったので、ちょっぴり緊張しつつ、ビールで乾杯。最初の一杯ののど越しのよさに気を許し、いろいろとお話させてもらいました。
ごはんはコースになっていて、前菜2品、メイン、デザートと、どれも本当においしかった。ワインも1本、みんなであけました。オープンエアーのヒバリさんで虫の声を聞きながら、大人同士ゆったりとしたいい時間を過ごしました。後日、吉岡さんからいただいたメールに、「ご褒美のような夜でしたね。大人っていいなあー」と描かれていましたが、本当にそのとおりの夜でした。
帰り道は、吉岡さんが近道だという道を通って、みんなで駅までのんびりと歩きました。写真を全く撮らなかったのはもったいなかったけれど、1週間経った今でも、話したこと、料理のこと、帰りに通った道のこと、鮮やかに覚えています。
大人になってからのご縁。これからも大切にしていきたいです。
[PR]
# by asagao-techo | 2010-09-12 03:01 | 日々

お仕事しました

東京、手仕事さがし (エイムック 2027)

エイムックから8月28日に発売になった、「東京、手仕事さがし」で2件、取材、執筆をしました。「会いに行きたい手仕事店主のいる店へ」の中では、in-kyoを取材させていただきました。店主の中川ちえさんには以前、LEEで取材させていただいたことがありますが、ショップ取材は初めて。中川さんに器のことを詳しく聞いていたら、「器って面白いな」とあらためて思いました。

もう1つは「手仕事が生まれる工房を見学」で、woodworkさんを取材させていただきました。in-kyoにほど近い、仲御徒町にある家具屋さんです。地下の工房で作った家具が、1階のショップで販売されています。職人さんから直接お話を聞くことはとても楽しい。

今回は本文の文字数も多かったので、書きやすかったです。
機会がありましたら、ぜひ読んでみてください。
[PR]
# by asagao-techo | 2010-09-05 17:44 | 仕事

トイレット

c0199627_1783073.jpg

打ち合わせが終って、久しぶりにあのカフェへ行こうと思ったら休みだった。
でもそこは、私が以前暮らしていた街に近かったので、思い出の街を歩いてみることにした。
懐かしの栄通り商店街。電気屋もクリーニング屋も、私がバイトしていた喫茶店ももうなくなっていたけれど、あのときと同じように、今も活気ある商店街でよかった。

レインオンザルーフでモロッコミントティーを飲みながら、一人でぼーっとしていた。
本当になんにも考えず、頭の中をからっぽにしてぼうっとしていた。
しばらくして、山崎ナオコーラさんの新刊「指先からソーダ」を持ってきたことを思い出して、読んだ。
ナオコーラさん初のエッセイ。文体も内容も、「この人、好きだなあ」と思わされる。

ナオコーラさんの文章に後押しされてか、じっとしてはいられない、動き出したい気分になった。
映画でも見ようかな。
今一番気になっている、荻上直子監督の「トイレット」。時間を調べたら、渋谷の映画館の上映時間にちょうどいい。三軒茶屋をあとにして、私は渋谷へ向かった。

とても個性的な3人兄弟と、ばあちゃんの話だった。
中盤から物語は動き出し、ひきこまれていった。
絶妙なタイミングでのばあちゃんのさけび。あれには感動した。

今回のソウルフードは餃子。みんなで餃子の皮を包むシーンを見て、お盆にいとこと、いとこのだんなさんとしゃべりながら餃子の皮包みをしたことを思い出した。
[PR]
# by asagao-techo | 2010-09-03 23:07 | 映画