カタヤマチエです。フリーランスでライターをやっています。はじめましての方は、自己紹介をごらんください。


by asagao-techo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

世界一の朝食

c0199627_1154010.jpg

翌日は、「6時半に起きて八幡宮の蓮を見に行こう」なんて言っていた私たちですが、目がさめたらすでに9時。蓮はあっさりあきらめて、billsに朝食を食べに行きました。昨日の花火大会前は、人であふれかえっていた江ノ電。朝の下りの江ノ電はがらんとしていて静かでした。七里ガ浜にさしかかるときに見える海の水面が、日の光できらきらしていて本当にきれいだった。
billsに到着するとすでに待っている人が数組いたので、時間がくるまで海辺を散歩。気持ちよかったなあ。私はリコッタチーズのパンケーキを、友達はコーンのフリッターをオーダー。パンケーキは柔らかくて、半熟の卵焼きの食感に似ていました。さすがに3枚はかなりおなかいっぱい。でも、念願のbillsデビューができてよかったです。
[PR]
by asagao-techo | 2010-07-24 12:04 | おいしい

鎌倉の花火大会

c0199627_11304514.jpg

毎日溶けるような暑さ。でもなるべくクーラーはつけずに、扇風機で過ごすようにしています。

今日は三鷹のほうで撮影をしたあと、鎌倉へ。去年、雨天中止だった鎌倉の花火大会にリベンジです。海辺に住む友達のうちに荷物を置き、シャワーを浴びてから海岸に向かいました。焼きソバ、たこやき、フライドポテト、焼き鳥、冷えたビールを買い込み、7時になるのをのんびり待ちました。写真はスタートした7時ごろのもの。7時ってまだこんなに明るいんだ。明るいうちの花火もきれいです。だんだんあたりが暗くなってきて、花火らしい光景を見ながら「夏だなあ」なんて友達とつぶやいたり。今年初の花火を満喫しました。
いつもなら人ごみで汗だくになり、帰るのが億劫な花火大会ですが、今回は海辺の友達の家に泊まらせてもらうことになっていたので、裏道を通って涼しい顔で帰宅。さらに家に着くと友達が「スイカ買っておいたよ~」と、冷えたスイカを用意してくれました。ホタルノヒカリ2を見ながら、ひんやり冷えたスイカを二人でドリフ食い! 寝るときは恒例のガールズトークをしながら、いつのまにか眠りについていました。
c0199627_11521754.jpg


おいしかったっす。
[PR]
by asagao-techo | 2010-07-21 23:24 | 日々

お仕事しました

tocotoco vol.11秋号
tocotoco (トコトコ) 2010年 08月号 [雑誌] VOL.11
「ベビーと暮らす家づくり&インテリア」が特集です。
part4「家を建てた人の『家づくりのこだわり』」を取材、執筆いたしました。
取材させていただいた高木さん宅は、奥様のお父様が建ててくれた、ぬくもりあふれるステキなお家。広々とした庭にはご主人お手製のブランコがあって、撮影当日も子どもさんがのびのび遊んでいました。
高木さんご夫妻は「一粒舎」として革製品の製作もされています。
愛らしい子供用のサンダルやTストラップのシューズは、ギフトにも好まれる1品だそうです。大人用のバッグもさまざまな種類があるので、ぜひHPをごらんください。
一粒舎HP


天然生活9月号
天然生活 2010年 09月号 [雑誌]
こちらも偶然にも「時間をかけて育てる家」が特集です。
「家具職人エバニスタに教わる いろいろ使えるDIY」を取材、執筆いたしました。以前日記に書いた群馬の旧保育園が、エバニスタさんたちのアトリエです。私も初めてDIYを体験しました。ちょっとしたことでもていねいに答えてくださったエバニスタのお二人のおかげで、撮影もスムーズに進みました。
ボックス、テーブル、棚。初心者さんでも作れるように、1カットずつ工程を説明しています。木工の楽しさが伝わればうれしいです。
[PR]
by asagao-techo | 2010-07-20 21:35 | 仕事

直島

c0199627_1803926.jpg

高松の居酒屋でほろ酔いになった私たちの目に飛び込んできたのが、宿の並びにあったシダックス。「入っちゃう?」とどちらからともなく言い出し、オザケンメドレーを友達と熱唱しました。ちょっと待てよ…友達は前日まで海外にいて、私は前日徹夜で原稿を書いていたんだっけ。でも、二人の勢いはとどまることを知らず、時間いっぱい、めいいっぱい楽しみました。そんなこんなで布団に入ったのは午前3時。二人とものび太のように、布団に入ったとたん眠りにつきました。
翌日は案の定寝坊して(やっぱりのび太みたいだ)、朝ごはんが食べられませんでした。お化粧もほどほど、髪はボサボサの状態でタクシーに乗り込み、慌ててフェリー乗り場へ直行。高松港から直島行きは本数が少ないので、なんとしてでも9時台のフェリーに乗れてよかったです。
c0199627_1810613.jpg

瀬戸内海は静かで、波がザブンとなることがほとんどないくらいおだやかでした。島々を通り過ぎる様子を、デッキでじっと眺めていました。遠くのほうが霞がかっていて、水墨画の世界みたいでした。
c0199627_18125836.jpg

フェリーに揺られること1時間。草間弥生さんのあのカボチャがお出迎えしてくれました。人が入れるくらい、案外大きかったです。ここから町営のマイクロバスに乗り換えて、地中美術館へ。この日は町唯一のサンクスがオープンした日で、窓からピカピカのサンクスを見ると、買い物を終えた人たちがくじ引きをしていました。なんだか和む光景でした。
地中美術館は、建物自体はどーんとした存在感なのに、光の入り具合やスロープのゆるやかなカーブなど、細部から感じる美しさにはさすがと思いました。靴を脱いで、ジェームズ・タレルのオープンスカイを体感しました。以前にも来たことがあるような、初めて感じる空間でない気がしたのはなぜだろう。クロード・モネの睡蓮も、本物はやっぱりすごい。神聖な気分になりました。
飛行機の時間もあったので、今回は地中美術館だけでしたが充分楽しめました。
c0199627_18483577.jpg

また来るねー
[PR]
by asagao-techo | 2010-07-16 18:48 |

タイヨウ


たまたま入った雑貨屋さんで流れていた、映画「プール」の主題歌。偶然この映画を一緒に見に行った友達が隣にいました。「映画を見てから、もうじき1年経つんだね」なんて、歌の内容と同じようにノスタルジックな気分になってしまいました。この曲は本当にいい曲です。久しぶりに映像も見たら、じーんとしました。
[PR]
by asagao-techo | 2010-07-16 17:10 | 音楽

アカネビル

c0199627_1747628.jpg

高松では、雑貨屋やカフェ巡りもしました。アンティーク雑貨のdodo、生地を扱うatelier marimarie が入っているAKANEビルがとてもステキでした。
c0199627_17491092.jpg
入り口のポリバケツ。赤と黄色なのがかわいい。
c0199627_17502716.jpg
たて長のポスト。雑誌サイズのものは入るのかしら
c0199627_17501337.jpg

階段の隅っこに控えめなディスプレイ。
c0199627_1749531.jpg

光が差し込む明るい通路。
[PR]
by asagao-techo | 2010-07-15 17:56 |

高松に行ってきました

c0199627_14055100.jpg

6月22日にオザケンのライブへ行ってからだいぶ時間が経ってしまいました。本当に夢のような素晴らしいライブで、今だにあの日の余韻が残っています。大学生のころに聞いていたオザケンの曲。歌詞に描かれている風景や恋人たちの物語を想像しては「映画のワンシーンみたいでステキ」とうっとりしていたあのころ。今聞いても少しも色褪せずに、あのころのままキラキラしていました。スペシャルゲストにスチャダラの3人の飛び入り参加もあり、友達と手を取り合って大喜びしました。
ライブの後は、友達と高松駅前の居酒屋さんで大ジョッキのビールをぐびっと飲みながらオザケン話。そうそう、私たち、はるか高松までオザケンを見に行ったのですよー。東京のチケットが取れなくてがっかりしていたところ、友達が頑張って取ってくれたのが高松のチケットで。せっかくだから旅行も兼ねて行こうということになったのです。うどんも食べたし、翌日には直島にも行くことができたのです。(次回へつづく)
[PR]
by asagao-techo | 2010-07-12 02:22 | 音楽