カタヤマチエです。フリーランスでライターをやっています。はじめましての方は、自己紹介をごらんください。


by asagao-techo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:展示会( 13 )

色と縫製の世界

c0199627_051391.jpg

原美術館へ、ウィリアムエルグストンの写真展を見てきました。色の詩人と呼ばれるエルグストンの、日本初の写真展です。きれいだったなあ。写真の舞台はパリと京都で、京都のほうが印象に残る写真が多かったです。中学生とか、ゲーセンの台とか、被写体は艶かしくないんですけど、写真から放たれる雰囲気が艶っぽい感じがしました。写真はカメラマンの目、好奇心そのもの。とても興味深い世界でした。

原美術館を後にして、五反田まで歩いて(しんどかった)、恵比寿のリムアートへ向かいました。山田寛文さんの「dejeuner」の洋服の個展です。デザイン、縫製、すべて山田さんお一人でされているそうです。グレーの衿なし麻のジャケットを試着させてもらったら、とても軽くて着心地がよいうえ、肩、袖、着丈がピッタリ! 衿がないタイプのジャケットを探していたところ、まさにぴったりのジャケットに出会ってしまいました。というわけでお買い上げ。オーダーなので、9月の末に届くのが楽しみです。前は木のボタンなのに、袖にはアンティークの貝ボタンが使われていたり、そんなところも気に入りました。秋はこのジャケットを中心におしゃれを楽しみたいです。
[PR]
by asagao-techo | 2010-08-10 00:03 | 展示会

beautiful

c0199627_1657566.jpg

ギャラリーKANZANで開催中の「beautiful」を見てきました。若手写真家4人の合同写真展です。連れて行ってくれた友達が、かくたみほさんとお友達ということもあって、この日をずっと楽しみにしていました。かくたさんの写真、好きだなー。北欧や南米を旅行したときのビューティフルな写真。遠くから見ると水彩画みたいに見えたり、行ったことない場所なのに見ているだけでワクワクした。ご挨拶もさせてもらったし、いつかかくたさんと一緒にお仕事ができればいいな。
この日は出展する4人の写真家さんと、落語家の柳家小権太さんのスペシャルトークもありました。写真家さんの下積み時代の話や、落語家さんの真打ちを目指して頑張っている話を、笑をまじえて聞きました。どんな仕事も、華やかに見えてもみんな苦労を通ってきている。だから深みのある作品が作れたり、人間的にも色濃くなれるんだと思いました。トークのあとは、小権太さんの落語ライブ。初めて聞いた落語、とても面白かった! 今度は友達と新宿の末広亭に行く約束をしました。

トップの写真は、私が撮ったビューティフルと思う1枚。(由比ガ浜の空です)
[PR]
by asagao-techo | 2010-08-08 16:51 | 展示会

活版を巡る冒険展

c0199627_2127401.jpg

広島に住む母の友達から、たくさんの青梅が送られてきました。大きくて立派な梅。早く梅酒ソーダ割りが飲みたいです。
午後は阿佐ヶ谷のCONTEX T-Sで「活版を巡る冒険展」を見てきました。イラストレーターの坂崎千春さんや漫画家の大友克洋さん、計6名の作家さんによる、活字組版の印刷や凸版印刷に挑戦した作品が並んでいます。活版印刷の凹凸した文字に、版を重ねたイラストが加わると、雰囲気が増していい感じです。在廊中のイラストレーターの高橋和枝さんに、作品ができるまでのお話を聞かせていただきました。活版の技術が、長く受け継がれていくといいなと思います。
[PR]
by asagao-techo | 2010-06-10 22:06 | 展示会

蒼井優展「うそっ」

c0199627_519523.jpg

渋谷パルコで開催中の、蒼井優展「うそっ」を見てきました。リボンの形をした3Dメガネをかけて辺りを見渡すと、動物が飛び出てきたり、蒼井優さんの独特な空気感を味わうことができます。蒼井優さんの顔だけが動き回って、追いかけっこをしたり鼻血を出す映像も、キュートとシュールが混ざっていて面白かった。蒼井優さんの衣装や動物、そのどれもが可愛くて、久しぶりにとっぷりと「カワイイ」に浸ってきました。展示にはスタイリストの大森伃佑子さんや写真家の横波修さんといった、豪華メンバーが関わっているというから納得です。
[PR]
by asagao-techo | 2010-06-01 02:48 | 展示会

ルーシー・リー展

美しいデザインと、きれいな色。

ピンクは苦手な色ですが、ルーシー・リーの器のピンクには
素直に「好き」と反応できます。

シンプルなものってやっぱりいいなあ。
建築家がルーシー・リーの器が好きだったというエピソードにも納得しました。

ルーシーさんの小さいときの写真も見ました。
2人のお兄さんと一緒に映っている写真は、品が良くて素敵でした。


一緒に見に行った友達が、ルーシーさんの着ているものやインテリアの様子を見て、
「小さいときに好きだったものの思い出って、やっぱり大人になっても残っているんだね」
と言っていたのが、印象に残っています。
[PR]
by asagao-techo | 2010-05-27 17:23 | 展示会

no man's land

c0199627_223514.jpgc0199627_242846.jpgc0199627_1583938.jpg
c0199627_252856.jpgc0199627_1581883.jpg

c0199627_262293.jpgc0199627_27470.jpgc0199627_274683.jpg








旧フランス大使館で開催中の「no man's land(創作に出会う場所)」、見てきました。
2009年11月に、すでに新庁舎に移転したフランス大使館。
旧大使館が取り壊される前に、全館を使ってアートの場として公開しています。

色がきれいなもの、形が面白いもの。気になったものを写真に撮ってきました。
[PR]
by asagao-techo | 2010-02-06 02:17 | 展示会

切り絵とエッチング

c0199627_11442757.jpg


2つの展示会へ行ってきました。

ひとつめは逓信総合博物館で開催中の、滝平(たきだいら)二郎さんの遺作展
絵本の「モチモチの木」や「さるかに合戦」で見ていた、滝平さんの切り絵。
初期から晩年にかけての原画が250点も展示されていました。

滝平さんの作品を見て、手の描写が印象的だと思いました。
重たいものを持つときや、戦っているときは、脈々とした力強い感じ。
子供と手をつないだり、撫でたりするときは、愛情がこもっている柔らかな感じ。
手のしぐさで、こんなにも感情を伝えることができるのだと思いました。
表情も豊かで、苦い栗を食べた子供の「べえ~」って顔とか、
悪いことをして怒られている子供の表情とか。
これが繊細な切り絵で表現されているということにも驚きます。

滝平さんが雑誌に寄稿した文章も素晴らしかった。
出口付近に展示されていた亡きお母さんへの手紙に感動しました。
お母さんより先に逝ってしまったお父さんのことも手紙に書いていて、
滝平さんの家庭環境の温かさが伝わってきました。
そういう背景から、これらの作品が生まれてきたことに、納得しました。

大手町から水天宮へ
[PR]
by asagao-techo | 2010-01-21 23:40 | 展示会

アーキペラゴ

c0199627_137155.jpg

冒険家で写真家の石川直樹さんのトークショーへ行ってきました。
南はトカラ列島から台湾、北は北海道からサハリン、クイーンシャーロット諸島などの
島々を旅しながら撮った写真集が11月に発売になり、
その写真をスライドで見ながら、解説を聞きました。

これまでいろいろな人の写真集を見てきたけれど、トークショーは初めて。
それぞれの土地に根付く習慣や文化など、背景も分かりやすく話してくれました。

写真集のトップを飾るのは、鹿児島の桜島が噴火している写真。
噴火を撮りにいったのではなく、偶然出くわしたそうです。



c0199627_1524164.jpg

せっかくなのでサインしてもらいました。うれしい。
[PR]
by asagao-techo | 2009-12-27 01:53 | 展示会

毛マニアの展示会

c0199627_22144486.jpg

           11月27日に参加した、秋の会のワークショップで作ったコサージュ。
            大好きな緑色のバッグに合う、深紫が気に入っています。



体の芯まで冷えるほど寒い毎日。
そんな中、今日はあったかいものに触れてきました。
毛マニアさんたちの羊毛作品の展示会です。

ギャラリーに入ると、いきなりドデカサイズの鹿2体に迎えられました。
(値段を見ると120万! 納得の完成度と大きさです)
羊毛作品でここまでの大きさのものを見たのは初めてです。
大きいだけではない、動物そのものの愛らしさもちゃんと表現されています。

天井からは、羊毛でできたしずく形が吊るされていて、その影が床に水玉模様みたいに映っていました。

もう少し小さいサイズの鹿やラマ、アルパカ、クマ、馬などもありました。
じーっと見ていたら、「どうぞお手にとってごらんください」とギャラリーの方に声をかけていただき、
「ならば!」と、ひとつひとつ抱き上げてきました。

なんだろう、この安心感は。

1歳になる姪っ子のことをふと思い出した私。
そう! あかちゃんを抱っこしたときの安心感に似ているのです。
底が起き上がりこぼしになっているので、持ったときに丸みを感じるのも
安心感につながるのかも知れません。

展示は25日まで。
もう一度見に行きたい気分です。
[PR]
by asagao-techo | 2009-12-20 22:35 | 展示会

森のテラス

c0199627_05223.jpg

何回か訪れたことのある、京王線の仙川。美しくて住みやすそうな街並みと緑の多さに惹かれ、東京の好きな街ランキング(私的)でいつも上位に挙げています。今日は久しぶりにその仙川を訪れました。目的はmother dictionaryが主催する秋の会に参加すること。場所は森のテラスです。もめんちゃんが誘ってくれました。

ワタナベマキさんもお弁当とスイーツで参加されていました。先日ご挨拶しそびれてしまったので、今日改めてお会いできてよかったです。
ワタナベさんのお弁当はこちら。
c0199627_0134060.jpg

冬野菜の玄米ちらし。すだちのさわやかな酸味が効いていておいしかったです。
それと、さつまいものポタージュスープ、黒豆と米粉のパウンドケーキも食べました。パウンドケーキ、甘すぎずしっとりもっちりで美味しかったです。米粉を感じました。

今回のメインイベントは、la fleurのデザイナー、岡野奈尾美さんによるコサージュ作りのワークショップ。丸くカットした布を花びらの形に整え、リキティックスで花びらの筋をつけ、専用のコテで花びらを立体的にし、ペップで花心を作り…などなどの工程を経て、可愛いコサージュが出来上がりました!(夜になっちゃったので写真は明日撮影します・・)
岡野さんが作るコサージュはこちら。これと同じものを作りました。参加者は8名ぐらいだったのですが、こてを当てるときの力の加減が違うと、仕上がりもそれぞれで面白かったです。時間を忘れ、もくもくと何かを作るのって面白い。

楽しいイベントに誘ってくれてありがとう。
[PR]
by asagao-techo | 2009-11-23 00:42 | 展示会