カタヤマチエです。フリーランスでライターをやっています。はじめましての方は、自己紹介をごらんください。


by asagao-techo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ほたる

c0199627_6294747.jpg


梅雨真っ最中の6月、京都の疎水にほたるが飛んでいた。
「あっ、あそこにもいる」「そこだ、そこ」
小さなほたるに大人二人が浮き足立つ。
目の前を蛍光グリーンの光がふわっと横切った。
その光を捕えようと友達が伸ばした手の中に、ほたるは静かに収まった。
弱々しく光るほたるは、あとどれくらいの命なんだろう。
カメラで撮影したあと、羽音もさせずにほたるは飛んでいった。




季節はもう秋だけど、6月に見たほたるのことはどうしても書いておきたくて
久しぶりにブログを開きました。
[PR]
# by asagao-techo | 2011-10-24 06:54 | 日々

4月12日 火曜日

永井さん、

30歳になったわたしに、
「もう30? 好きな人はいないの?? やばいんじゃない??」
って言ったこと、覚えてますか? きっと覚えてないんだろうなあ。
車の助手席に乗せてもらって、ちょっぴり傷ついて下を向いたわたしに、
永井さんは運転しながら続けて話しをしてくれました。
「結婚はしたほうがいいよ。安定した環境のほうがものづくりに適してるかもよ」って。
あれから5年も経っちゃったけど、まだ運命の人にはめぐり合っていません。
じつは、いい人ができたら永井さんに会ってもらいたいなあって、心の中でずっと思っていました。
だから、「永井さんに紹介できるような男の人」ってのがいつのまにか
私の理想のタイプのひとつになっていたんです。
それももう叶わないなんて、もっとがんばって探せばよかった。

「30になったら、そろそろ、可愛いものから卒業したほうがいいよ」とも言ってましたね。
ビジュアルだけの浮かれた感じのものに惹かれるより、「これからは哲学だよ」って。
「ちえちゃんたちみたいな年齢の人たちが変えていかなきゃ」って。
今になって、その意味がよくわかるようになりました。

何かを変えることはできないかも知れないけれど、永井さんに言われた言葉を思い出しながら、
私にできることをやっていこうと思います。
ゆっくりかもしれないし、横道にもそれると思います、たぶん。
でも長い目で見守っていてくれるとうれしいです。

ひとつだけ謝りたいことがあります。
永井さんの言葉を真に受けて、反論してしまってごめんなさい。
何度もそういうときがあったような気がします。
これからの人生、もっとやわらかくて朗らかな人になろうと思います! 
と言う宣言みたいな恥ずかしい言葉を、永井さんと居酒屋でお酒を飲みながら語りたかったな。

永井さん、本当にありがとうございました。歌う楽しさを教えてくれたのも永井さんでした。
素敵な仲間にもたくさん出会えました。
イッツオールライトやで~をいつでも心の宝物にして、前に進んでいきます。

片山知愛
[PR]
# by asagao-techo | 2011-04-13 22:04 | 日々

4月3日 日曜日

最近手がけた仕事です。

リンネル 2011年 05月号 [雑誌]
リンネル5月号(3月19日発売)
「内田彩仍さんのお気に入りを探す旅 早春の横浜&鎌倉散歩」

初めてお仕事をさせていただいた内田さんは、誌面から受ける印象どおり、とても物腰が柔らかく、
チャーミングな方。お話を伺うと、ていねいに、きちんと答えてくださって、
私も文章を書くのがとても楽しかったです。
そんな内田さんが、横浜と鎌倉で見つけた素敵なお店やものたち。
街巡りの参考になればうれしいです。


毎日がちょっとハッピーになるパン屋の歩き方
毎日がちょっとハッピーになるパン屋の歩き方
第一章「パン屋さんクルーズへ出発!」の銀座エリア5件を取材しました。

銀座のほか、渋谷、吉祥寺、千葉、湘南エリアの人気パン店のガイドブック。
パンが大好きなので、喜んで受けた仕事でした。
1件につき13個のパンを紹介したので、計65個のパンを試食しました。
持ち歩きにもちょうどいいサイズの本です。
[PR]
# by asagao-techo | 2011-04-03 03:40 | 仕事

3月24日 木曜日

何が自分にできるのかを、あの日から考えています。


ロバハウスで行われた、ショピンのライブ。
奏でられる愉快な音楽に、大人も子供も一緒になって楽しんでいた。
珍しい形の楽器に驚いたり、へんな音にわははと笑ったり。
たくさんいる人の中にわたしもいる。友達もいる。
音楽に包まれることが、こんなにも平和で幸せなことだと実感した。

ロバの一座の松本雅隆さんが、「となりの人と手をつないでください」と演奏する前に言った。
躊躇せず、知らない人と手を繋いだ。
ちっともいやではなかったし、むしろ温かくてほっとした。
ぎゅっと握ったら握り返してくれた。

いろいろな思いが錯綜する。
でも今は、いつもどおりの日常を精一杯こなすことが先決だと思っている。

私がよしとする軸をぶれないように保つこと。
頑なではなく、でも、しっかりと。

泣くことは簡単だけど、その前に何ができるか考えて行動してみようと思う。
[PR]
# by asagao-techo | 2011-03-24 04:53 | 日々

3月1日 火曜日

c0199627_13141822.jpg


いよいよ3月です。
昨日は友達へのメールに、「夜桜見にいこうね」と綴りました。
植物はこの寒空の下、花を咲かせる準備をしているのでしょうか。

先週の土曜日、十条の「リトルコ」さんで聞いた西尾勝彦さんの朗読会。

と、この続きは夜書きます。
(このブログは下書き機能がないのですー)
[PR]
# by asagao-techo | 2011-03-01 13:26 | 日々